ホワイトペーパー

自治医科大学附属病院様 「指紋認証で病院情報システムのセキュリティを強化」

日本セキュアジェネレーション 2008年08月06日

自治医科大学附属病院のIT化推進の過程で重要視されたのがセキュリティ対策。
従来はIDや複数のパスワードを併用するシステムであったため、利用者のパスワード失念への対応、
さらには「なりすまし」など不正アクセスによる患者情報等、重要データの漏洩やウィルス感染に常に危機意識を持たざるを得なかった。
今回採用した指紋認証システム「EyeDオプティマウスⅢ」はマウス一体型のため、利用者が各自の端末にログインする際、自然な動作で認証を完了でき、セキュリティの強化がスムーズな流れの中で負担なく行えるようになった効果も大きい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]