ホワイトペーパー

「暗号の2010年問題」対応ガイド〜日本ベリサイン監修〜

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン) 2010年05月21日

昨今話題の暗号アルゴリズムにおける「2010年問題」とは、一体なにを指すのでしょうか?

SSL/TLSは、情報を暗号化するための通信方法としてインターネット上で最も利用される方法の一つですが、コンピュータの性能向上および暗号解読技術の進歩により、徐々に安全性の低下が避けられません。

この2010年には、将来的な安全性低下に対処する目的でSSL/TLSの仕様変更が行われますが、それに関してシステムやネットワーク管理者が実務レベルで参照できる情報は多くありません。

本資料では、実務現場ですぐに使える2010年問題に関する「サーバ管理者のためのチェックリスト」を元に、システム担当が2010年問題に対して【何を】・【いつまでに】行えばよいか具体的に解説します。
実務ですぐに活用できる「サーバ管理者向けのチェックリスト10項目」に沿った具体的なアクションも記載されているので、早速ご参考としてください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]