ホワイトペーパー

SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信とは?

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン) 2013年11月22日

SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している技術だ。ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するウェブサービスには必ずと言って良いほど採用されている。しかしながら、通信データがどのような仕組みや工程を経て暗号化されるのか、ということまではなかなか知られていない。

プライバシーや企業の重要な情報を暗号保護して安全性を高めながら、サイトのパフォーマンス向上を考えるのであれば、SSLの特性である鍵交換の仕組み「SSLネゴシエーション」を理解しておくことは非常に役立つだろう。

本ホワイトペーパーでは、はじめにSSLの概要と利用によるメリットを挙げた後で、通信を確立するための鍵交換の工程「ネゴシエーション(ハンドシェイクと呼ばれることもある)」について解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]