ホワイトペーパー

SDNを使った消費型ネットワークモデルへの移行

日本アルカテル・ルーセント株式会社 2015年01月27日

本資料は、ネットワークの仮想化の必要性と有用性、ならびに、それを実現するソリューションについてご紹介をいたします。

ユーザーは利用したいアプリケーション(以下、AP)に対して、いつでも、どこからでも瞬時にアクセスすることを望んでいます。これに応え、速やかにAPを起動し、さらには、オペレーションの簡略化やコスト削減をも同時に実現する手段として、クラウドサービスがあります。しかし、クラウドサービスがそうした期待に応えるためには、データセンター(以下DC)内やDC間の「ネットワーク」をも併せて進化させ、サーバーやストレージなどのインフラ資源と同様に特定の物理機器やその稼働状況に依存しない仮想化された機能として、いつでも、どこからでも簡単に利用できる抽象化されたインフラ資源として構成し運用する必要があります。しかし、今日のDCネットワークには多くの課題があります。仮想マシンとしてのAPの導入と起動はほんの数分しかかからないのに、WEB, DB,FW, LB などのAPの稼働環境に連携したネットワークの準備には、数週間や数ヵ月もかかってしまう事がほとんどです。
Nuage Networksは、このようなDCネットワークにおける課題や制約を取り去り、複雑なネットワーク構成でも安全で拡張性の高い運用を迅速に実現するソリューションを提案いたします。

この続きは、資料をダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)