ホワイトペーパー

IoTデバイスや重要インフラを標的としたサイバー攻撃が増加、2023年下半期グローバル脅威レポート

フォーティネットジャパン合同会社 2024-07-03

サイバー攻撃がビジネス継続の大きな脅威になっている。攻撃の被害は、幅広い産業分野に広がっており、国内でも、自動車、製造、エネルギー、医療、テクノロジーなどの分野でビジネス継続に大きな影響が出たケースが報告されている。セキュリティ企業フォーティネットによれば、2023年下半期のランサムウェアとワイパーの検知の44%は、これら産業分野の組織を標的とするもので、特に、重要インフラを標的とした高度なサイバー攻撃が顕著に増加していたという。デジタル化の取り組みが進む中、保護が不十分なIoTデバイスが標的にされるケースも増えている。また、攻撃は多様化しており、2023年に公開されたすべての業種における新たな脆弱性は3万(前年比17%増)を超え、5年前から存在するエクスプロイトが検知された組織の割合は98%に達していた。本資料では、フォーティネットが行った2023年下半期グローバル脅威調査の結果をもとに、近年の脅威のトレンド、被害の実態、実際に使われている手口などを詳細にレポートする。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]