ホワイトペーパー

未知のマルウェア対策として、サンドボックスをより効果的に活用するには―

マカフィー株式会社 2014年12月26日

近年、サイバー犯罪者とITセキュリティ戦略の競争はますます激化しています。防御側で最もな有望な進化が見られるのは“動的分析”による検出「サンドボックス」と呼ばれる分野です。

本資料では、動的なマルウェア分析の有効性に加えて、攻撃側が既に気づいている動的分析の弱点に対する攻撃への対抗手段も解説します。さらに、重要な課題の一つであるコストパフォーマンスを向上させるためのアプローチ方法も取り上げました。

セキュリティのアーキテクチャが数多くある中で、現時点では異なる技術を比較しにくい、不明確で曖昧になりつつある用語や、重要な相違点も解説に含めています。

詳細資料は、下記よりご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]