ホワイトペーパー

検証から見えてきた現実的なゼロトラストの最適解 “ 絵に描いた餅” はもういらない

株式会社マクニカ 2021-05-17

ビジネスの基盤としてITが活用されている現在、企業における戦略的な投資として重視されているセキュリティ領域。特に、テレワーク環境など新たな時代の働き方が進む中、さまざまな脅威に備える必要がある。

ファイアウォールを中心とした境界防御が限界を迎える中、「何も信頼しない」ことを前提としたセキュリティ対策モデル「ゼロトラスト」に注目が集まり、多くのベンダーがさまざまなソリューションを提供している。しかし、ゼロトラスト自体はあくまで“コンセプト”であり、自社のセキュリティ対策の現実解となるのかは慎重を期す必要がある。

以下の資料では、ゼロトラストがなぜ求められているかを振り返るとともに、ゼロトラストを構成する要素と判断基準として4つのモデルに着目し、自社に最適なゼロトラスト適用のヒントを提示する。ベンダーが語る“ 都合のいい” ゼロトラストに踊らされないための参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]