ホワイトペーパー

「43.4%」の企業で許可、進むBYOD--調査結果から読み解く、スマート端末市場動向とセキュリティ

丸紅情報システムズ株式会社 2012年12月19日

「43.4%」の企業で「許可」--『個人所有のスマートフォンの業務での利用許可状況』より

BYOD(Bring Your Own Device)に注目が集まる一方、デバイスの紛失・盗難、ウイルス感染による不正利用といったセキュリティ面での課題が、企業でのスマートデバイス活用における最も大きな不安要素となっている。

本資料では、スマートフォン・タブレット端末の市場動向やセキュリティ対策の現状を、調査結果をもとに分析し、スマートデバイス活用のメリットを最大限に引き出すセキュアリモートアクセスソリューションを紹介する。スマートデバイスの活用に興味を持っている幅広いビジネスマンにとって有益な資料と言える。

<資料内で紹介している調査データ>
■「43.4%」の企業で許可!許可の比率が高い/低い業種とは?--『個人所有のスマートフォンの業務での利用許可状況』より
■「100万台」「約3,000億円」ってなに?--『スマートフォン・タブレット端末の法人向け市場動向』より
■「75.2%」が期待する効果とは?--『スマートデバイス市場~導入に期待する効果~』より
■第1位は「紛失・盗難」、では第2位は?--『スマートデバイス市場~導入に期待する効果~』より

詳細は資料でご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]