ホワイトペーパー

Google Appsにも対応したメール誤送信対策ソリューションをクラウドで手に入れる

株式会社クオリティア(旧株式会社トランスウエア) 2011年05月16日

メール誤送信による情報漏えいインシデントが後を絶たない。「宛先を指定する」「内容を書く」「ファイルを添付する」などの送信時のメール操作のほとんどはユーザーが手動で行うことから、注意を喚起するだけでは、誤送信を100%阻止するのは難しい。

しかし、誤送信対策システムを導入するとなると、時間もコストも大きく掛かる。使用しているメールソフトやメールサーバの設置場所に依存するソリューションが多いのも難点だ。さらに誤送信防止の広範なニーズを1つのソリューションでカバーできるかという問題も残る。

だが、クラウド型のソリューションであれば話は別かもしれない。迅速かつ低価格にシステムによる誤送信策を始めることができる。本ホワイトペーパーでは、メールサーバーやメールソフトなどの環境に依存せずに導入が可能なクラウド型の誤送信対策ソリューションを説明する。「送信メールの一時保留」「添付ファイルのZIP暗号化」から「上司承認」まで、さまざまな機能を1メールアドレスあたり月額150円から利用できるサービスである。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]