ホワイトペーパー

負担は軽くスペックは高く!働き方改革で需要増のVDI、基盤選びは慎重に

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 2018年02月21日

働き方改革の取り組みで、デスクトップ仮想化(VDI)を導入する企業は増加中だ。

だが、そのための基盤選びは難しい。今後のユーザー数の増加や必要スペックの増加、さらには必ずついて回る運用管理コストの問題。数年単位で利用するインフラであればこそ、その選択には慎重な判断が必要となってくる。

そこで本資料では、「高スペックなVDI」を必須条件とした建設業界のケーススタディを紹介している。
建設業界では、データ容量が非常に大きい設計データを遠隔地でスムーズに閲覧できる環境が必要であり、要求スペックが高い。今後を見据えて、どういった基盤を構築すべきか考える担当者には学ぶべき点が多いはずだ。

同時に、拡張性が高く高機能なVDI環境のインフラを、より低コストに構築・運用していくヒントも示している。HCI(ハイパー・コンバージド・インフラ)の採用である。低コストでの機器導入、負担の軽い運用は、HCIならではの強みだからだ。

ぜひ詳細は、ダウンロードのうえ、ご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]