ホワイトペーパー

【事例】VMwareによる仮想環境で、開発環境をクラウド化し、サーバを集約

ヴイエムウェア株式会社 2010年02月01日

富士通ソフトウェアビジネスグループでは開発拠点に分散している開発用サーバを集約、ミドルウェア用の開発環境のクラウド化を目指しています。まず第一弾としてVMwareを導入した仮想運用を開始しました。

本資料では、導入の背景から、導入効果、今後の展望までを簡潔に解説します。
詳細は、ホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

【導入の背景】
開発拠点へのサーバ分散によるリソース不足が問題に

【導入のポイント】
開発用サーバをセンターに集約、VMwareによる仮想環境を構築

【システム概要】
「すぐに使える」「所有から利用へ」を柱に開発用クラウドと位置づけ

【今後の展望】
VMware vSphere 4を導入、開発環境のクラウド化で一層の効率化と品質向上を図る

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]