ホワイトペーパー

「大企業病」は小規模企業でも成長の阻害要因に!?事前に回避する方法とは

日本オラクル(ネットスイート) 2019年07月12日

小規模企業が永続的な成長を続けるために特に重要なのが、扱う取引の量や多様性に関係なく「小規模企業」レベルのスピードがあり、小回りの効くサービスを維持することだ。また強力なパートナーシップの構築や、標準化と一元化を行ったプロセス、より上手なデータ活用は、小規模企業が顧客のブランド体験を管理し続けながら効率的に範囲を拡大するのに貢献する。

では、小規模企業が自社のコアバリューに忠実であり続け、他社とのパートナーシップを活用し、拡大する上で標準化・一元化のアプローチを取るためにはどうすればいいのだろうか?

本資料では、小規模企業が描く成長戦略でかならず抑えるべきいくつかのポイントを解説するとともに、クラウド ビジネス ソフトウェア パッケージ・Oracle NetSuiteを採用して飛躍的な成長を遂げた国内企業の事例をポイントごとに紹介している。成長を続けるためのヒントとしていただければ幸いだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]