編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

SOA導入のための『サービス指向アーキテクチャ成熟度モデル』 〜ビジネスとIT投資の観点から、段階的な導入のメリットを提示

日本プログレス株式会社 2006-05-23

 IT技術者の多くは、サービス指向型の設計、開発、実装の技術的な価値をいち早く認識していますが、一方で、導入の意思決定者となるITマネージメントは、SOAのような新しいテクノロジへの投資を、ビジネスに対する価値に関連付けて的確に判断するという異なる課題に直面しています。SOA導入に従事する組織やスタッフ、基盤となるテクノロジをどのように評価し、SOAへの長期的な投資を正当化するにはどうすればよいのでしょうか。

 この課題に対応するため、ソニック ソフトウェアはSOA導入のための『成熟度モデル』を開発。同モデルは、SOA導入の段階的なメリットをビジネスの観点から示すことを目的に、自社におけるSOA実装の戦略的な価値を評価するための枠組みと、将来の成功を視覚的に把握できるわかりやすいガイドラインを提供します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]