ホワイトペーパー

「NetApp FASシリーズ」でファイルサーバーを統合。セキュリティ強化を実現したエヌ・ティ・ティ エムイーと、Multi-Storeプラス災害対策を実現した日興システムソリューションズの事例を紹介。

兼松エレクトロニクス株式会社 2009年06月22日

IT投資削減が求められる現在、ファイルサーバー統合の必要性が高まっている。今回は次世代ユニファイドストレージ「NetApp FASシリーズ」の導入事例からその大きなメリットを紹介する。ファイルサーバー統合(約200台から4台に削減)と同時にセキュリティと内部統制の強化、運用管理の負担軽減を実現したエヌ・ティ・ティ エムイーでは、TCO削減はもちろん、効率的なバックアップも実現した。また日興システムソリューションズではディザスタ・リカバリ強化と社内インフラの最適化を可能にし、多彩な製品の機能を活用することで、既存の複数のドメインのままで仮想統合を実現した。さらにILMソフトウェア「auto-stor」で保存データ最適化も図られている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]