編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ホワイトペーパー

複雑な仮想化環境の運用管理から担当者を解放、HCIが多くの企業に支持される理由を解説

シネックスジャパン株式会社 2020-03-27

近年、企業が本番環境の業務システムを「VMware vSphere」で仮想化して、集約することが当たり前になってきた。確かに仮想化技術によって物理サーバーの数が削減されることで、運用担当者の管理負荷が減ったかに見える。しかし、実際には仮想化環境では見るべき管理コンソールが増え、障害が発生した場合に原因の切り分けに工数がかかるという課題も浮かび上がっている。

そうした複雑性を解消する策として、普及が進んでいるのが「ハイパーコンバーコンバージドインフラ(HCI)」だ。シンプルな構成を実現する仮想化基盤として、多くの企業が利用意欲を見せているシステムだ。

市場に数あるHCIの中でも、ワールドワイドでの累積集荷台数が7万9000台を超え、トップクラスの地位を確立しているHCIが今注目を集めている。以下の資料では、ヴイエムウェアと共同設計されたHCIの導入メリットについて、導入事例を交えつつ詳しく紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]