ホワイトペーパー

3分でわかる!Verticaの「超並列データ分析」が本当に速い理由/その最適な使い方

日本ヒューレット・パッカード株式会社(Vertica事業部) 2016年04月07日

本資料は、通常のRDBMSに比べ圧倒的な速さを強みとする、HPE(Hewlett Packered Enterprise) 「Vertica」の入門ガイドとなります。

Verticaはデータ分析用途に特化したDBソフトウェアであり、「大規模データの高速な分析処理」を最大の強みとします。それを可能にしている技術的なポイントは、Verticaが「列指向」のDBシステムであること。一般的なDB(RDBMS)ではデータ量の「爆発」時にパフォーマンスが悪化しやすいのに対し、Verticaの処理アルゴリズムは、どのように優れているのか?資料では、簡潔かつ分かりやすく記述しています。

また資料後半では、個々のビジネス条件に合わせた「パフォーマンスチューニング」のヒントも紹介。

• どのようなタイプのワークロードがあるか?
• ユーザーの最大数は何人か?
• スループットに関して期待されるSLAはどのようなものか?

などの要件に対し、どう答えを導くのか示しています。
ぜひ詳細を、ダウンロードにてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]