ホワイトペーパー

【10 のステップ】アプリケーションとネットワークのパフォーマンスを高める方法

リバーベッドテクノロジー株式会社 2016年09月15日

アプリケーションとネットワークのパフォーマンスを常に最適な状態に保つには、エンドユーザーのデバイス、ネットワーク、アプリケーション、コード、インフラストラクチャなど、問題の発生が予想される場所ごとの可視化が重要である。しかし、WANやハイブリッドネットワークなどの環境では、アプリケーションの集中的な管理とモニタリングは簡単なことではない。

パフォーマンス低下の原因を特定するために、アプリケーションや拠点、ユーザー単位でパフォーマンス指標を確認するとなると、「パフォーマンスの可視化」は極めて粒度の細かいレベルで要求されることになる。しかし、現在の運用管理機能で、アプリケーション情報からアドレスやポートの詳細までを把握することが速やかにできるのだろうか。

本コンテンツは、アプリケーションとネットワークのパフォーマンスを高める方法について「10のステップ」に整理して紹介している。また、問題の発生源特定から、ユーザーが異常に気付く前に早期に解決する方法などについても分かりやすく解説されている。自社の状況の再点検リストとして、ぜひ参考にしてもらいたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]