ホワイトペーパー

アプリケーションやネットワークのパフォーマンス管理--確認すべき5つのポイント

リバーベッドテクノロジー株式会社 2016年09月15日

ネットワークパフォーマンス管理で重要になるのは、アプリケーションごとの利用状況の可視化が十分にできるかどうかである。どのアプリケーションが、どこで、誰に使われ、どのネットワークが、どの程度利用されているかといった、全体的な傾向を把握できなければ、パフォーマンス問題を早期に把握、修正することはできないからだ。

また、日常業務でパフォーマンス管理しているアプリケーションに加え、新たに活用されるようになったビジネスクリティカルなアプリケーションに対しても、迅速に対応できるかどうかもポイントになる。トラブルシューティングの際、担当者の手作業が増えたり、操作が困難になるようでは、運用業務全体のバランスを崩すことになりかねない。

本コンテンツは、ネットワークパフォーマンス管理の問題を解決する上で、確認しておくべきポイントを5つに分けて解説している。あらゆるネットワーク上で稼働している全てのアプリケーションを正確に把握し、パフォーマンス管理を長期にわたってリーズナブルなコストで実施していくためのコツが示されている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)