編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

ホワイトペーパー

100台以上のパソコンを持つ企業は必須!調査で見えた、生産性を向上させるパソコンの調達方法とは?

横河レンタ・リース株式会社 2020-09-14

企業にとってパソコンは業務遂行に不可欠であり、1人1台が当たり前になっている。だが、パソコンは高価格であり、配布後の運用、管理に気を遣う点が、通常の備品とは異なる点だ。MM総研のアンケートによると、パソコンは、従業員の勤務時間の短縮、多様な働き方の実現など生産性向上に大きく関わっている。特に、調達方法と生産性の関連は顕著だ。調達の課題は、導入、運用管理、廃棄の大きく3つに分けられる。例えば、導入時にはキッティング、データ移行などの作業があり、従業員が多くなるにつれて、作業負担が重いと感じる管理者が増えてくる。解決策の1つが、調達の選択肢として、購入だけでなくレンタルを加えることである。

この資料では、特に従業員100以上の企業が、調達方法を見直すことによるメリットを解説する。ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]