編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

株式会社鉄飛テクノロジー 2022-10-03

今年1月に施行された改正電子帳簿保存法により、電子取引データの電子保管が義務付けられることとなった。宥恕措置により「やむを得ない事情」がある場合には紙での保存も2年間は容認されるとはいえ、国税関係書類の電子データによる保存を始めるのであれば、次の会計年度の最初からという事業者が多いはずだ。
しかし、ほとんどの中小・中堅企業には、業務システムのカスタム開発を行う予算的・人員的余裕がないのが現実だ。そのため多くの事業者が、“では、どのような方法で国税関係書類を電子保存するのか?”という問題に悩んでいるのである。
こうした現状を踏まえて本資料では、パッケージシステムやクラウドサービス、一般的なWindowsサーバなどの既製品で国税関係書類の電子データ保存に対応しようと考えている情報システム・経理部門ユーザを対象に、4つのポイントを踏まえて具体的な解決策を提示している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]