ホワイトペーパー

4つのキーワードで学ぶマーケティング最適化

アドビ システムズ 株式会社 2011年06月30日

企業が競合他社に対する優位性を見出すために必要なものとは何でしょうか。ユーザーニーズにマッチした商品やサービスを提供することはもちろんですが、その情報をユーザーへ効果的に届けるマーケティング施策こそ、今の企業にとって必要不可欠な要素です。

企業を取り巻く環境の変化によって、近年はこのマーケティング施策の在り方も変わってきました。まず挙げられるのが、Webサイトをはじめソーシャル・ネットワーキング・サービスといった、各種デジタルメディアの増加です。さらに、場所に縛られないモバイルデバイスの普及も大きな要因といえます。こうした環境の変化はユーザー情報を目にする機会を増やす反面、自由に“取捨選択できる”という状況を生み出しました。

こうした中、Web解析をはじめとした各種ツールの導入はもちろん、顧客の獲得からコンバージョン、顧客維持という一連の流れを想定し、複数のツールを連携した活用が重要視されつつあります。そこで本資料では「セグメンテーション」「ターゲティング」「レコメンデーション」「行動ターゲティング」という4つのキーワードを挙げ、マーケティングの自動化および最適化に必要な手法を紹介していきます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]