ホワイトペーパー

デジタルマーケティングの課題を解決するカギはここにある

アドビ システムズ 株式会社 2011年06月30日

マーケティング手法として、デジタルデータを活用することはもはや当たり前となっています。ウェブサイトのアクセス解析や、POSで収拾される大量のデータをさまざまな形で組み合わせ、分析することで新しい切り口が発見されるはずであるという考えを誰もが持ち、それを実践するためのツールも多くのベンダーから提供されています。

詳細なデータに基づいてはじき出される正確な数値の数々。経営層にとって貴重な判断材料になるはずのものであるにも関わらず、実際にはこれが活かされていないケースが少なくありません。デジタルマーケティングとは何なのか。何を意味していて、どう活用するべきものなのか。そうした根本的な疑問を投げかける人もあれば、必要性は理解しているつもりだけれど上手く使いこなせないという人もいます。

そうした状況の中、改めてデジタルマーケティングとは何であるのか、なぜ混乱がおこってしまうのかといった基本的な部分を再確認させてくれるのが本資料です。

経営判断にきちんと貢献できるマーケティングのプラットフォームとしてAdobe Online Marketing Suiteを提供する弊社のオムニチュア事業本部 コンサルティング部長である大山忍が、デジタルマーケティングに詳しい本庄修二氏と語り合うことで、多くの企業が抱える課題の解決ポイントや、次なる課題を明らかにします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)