ホワイトペーパー

コンバージョン率アップにつながるテストとターゲティングの秘訣とは

アドビ システムズ 株式会社 2011年06月30日

各企業ではSEO対策やキャンペーン向け特設ページの設置、頻繁な更新といった取り組みを通じて、訪問するユーザー数の増加を目指しています。しかし、いくらWebサイトの訪問ユーザーが多くても、最終的にそれを購入や申し込みなどの成果まで結びつけるコンバージョン率が低ければ意味がありません。まさに“宝の持ち腐れ”状態となってしまうわけです。

もちろん、コンバージョン率を上げるために導線を工夫したり、同時に複数のバージョンを公開する「ABテスト」などを実施している企業も多いはずです。にもかかわらず、期待通りの効果が得られないのはなぜでしょうか。これにはテストとマーケティングに関する基本的な認識や重視すべきポイントのズレ、分析データの読み違いといった部分が大きく影響しています。

闇雲にテストを繰り返し続けても、正しい結果と答えが導き出せるとは限りません。いま、企業には限られたコストで最大限の効果を上げる方法が求められているのです。そこで本資料では、テストとターゲティングでコンバージョン率を向上させるノウハウについて、各企業の具体的な成功例を交えて解説します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)