ホワイトペーパー

もう台帳データの「手入力」は返上!スキャンに切り替え業務効率化--Sansan活用事例/医療関連企業

Sansan株式会社 2018年10月01日

本資料は、手入力による情報活用の非効率を改善した医療現場の事例です。
登場する総合医療コンサルタント企業は今まで、kintoneで企業台帳および人物台帳を管理。
しかしデータが「手入力」だったことで入力ミスや作業者間の個人差によるデータのゆらぎが発生し、名刺スキャンのSansan導入を検討しました。

導入により、狙い通りに一回で精度の高い名刺の読み取りデータを生成し、以降はkintone上の企業・人物台帳のマスターデータとして活用することが可能に。

資料では、こうした取り組みの詳細をまとめています。「Sansan x kintone連携」のメリットを、医療現場でのICT活用の実例として理解することができ、同様の課題を抱える現場にとっては大いに参考になるはず。
ぜひダウンロードのうえ ご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]