編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

最高評価のレガシーDWH企業がクラウドファースト時代でも選ばれ続ける理由

日本テラデータ株式会社 2021-03-01

「クラウドファースト」という言葉が普及する現在、クラウドは企業のIT基盤の有力な選択肢だ。クラウドは当初、初期コストの削減メリットが強調されて大々的に宣伝された。そこから時を経た今、多くの企業のCIOや情報システム部門の管理者は「クラウドは決して安価ではないこと」に気付いている。
実際、大企業の過半数は依然として、業務用アプリケーションを自社独自のデータセンター内で実行している。また、自社の保有データを有効活用してデジタル変革(DX)を実現するために「データ分析基盤の高度化」が求められている。
クラウド専用データウェアハウス(DWH)を提供する新興ベンダーが数多く登場しているが、現実的に選ばれているのはクラウドとオンプレミスを組み合わせる「ハイブリッドソリューション」だ。以下の資料では「最高評価のレガシー」とも表現されるDWH老舗ベンダーが、クラウド専用ベンダーよりも市場で選ばれ、高く評価され続けている理由を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]