ホワイトペーパー

仮想化ソリューション導入時に検討する10のポイント

ヴイエムウェア株式会社 2014年06月05日

物理サーバから仮想環境にワークロードを移行することで、ビジネスにおけるコストを削減し、ITの効率性とアプリケーションの可用性を向上できます。

サービスのダウンタイムやデータ損失など、従業員、顧客、ビジネスに影響を及ぼす可能性がある問題を回避するには、仮想環境への移行を入念に計画することが重要です。仮想環境への移行を計画する際に、本資料のポイントを抑えることでスムーズに移行を行い、プロジェクトを成功させることができます。

【資料内の主なポイント】

●ハードウェアとオペレーティングシステムの互換性の確認
●従来のストレージと仮想ストレージの使用を検討
●共有ストレージのサイズ設定と管理

詳細はダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)