編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

明治安田生命、みんなのタクシー、JR九州のDXの土台として採用したモバイルデバイス管理ツールとは

株式会社アイキューブドシステムズ 2021-06-08

明治安田生命では、顧客とのコミュニケーション品質の向上などを目的に、全国の約3万2千人の営業職員に対して業務用スマートフォンを配付しているが、そこで懸念されたのが情報漏洩などのセキュリティリスクへの対策だ。また、タクシー配車アプリ「S.RIDE」を展開するみんなのタクシーでは、タクシーのDX推進のため「車載タブレット」を活用するが、そのキッティングと運用管理に課題を抱えていた。JR九州では、2000台のiPadと現場主体の多彩なアプリでサービスの高度化や業務効率化を推進するが、セキュリティ強化やアプリ配信効率化が課題だった。こうした課題に各社はどう対応したか。

本資料では、DX推進の土台として、明治安田生命、みんなのタクシー、JR九州が採用を決めたモバイルデバイス管理ツールを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]