編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

セキュリティ分野の新たな焦点「エッジコンピューティング」の安全を守る“SASE”とは何か?

ゼットスケーラー株式会社 2020-01-22

AIやIoTなどを活用し、企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進展させていくことで、セキュリティのフォーカスポイントも変化が起きてくることは、多くの専門家が指摘するところだ。このときポイントとなるのはエッジコンピューティングである。

エッジコンピューティングがより進展することで、大規模なアプリケーションのデータ処理はデータセンターの外でその多くが実行されことになる。これにより、処理スピードの遅延、コストなどの課題からは解放されるが、その分セキュリティリスクは高まることになる。

昨今、エッジコンピューティングにより構築されたネットワークやシステムを保護する独自のセキュリティの概念とソリューションが提供されるようにになった。SASE(Secure Access Service Edge)もその1つで、ユーザーやデバイスの場所を問わずクラウドによってセキュリティを担保する。

本資料は、このSASEの概念から基本的な機能までを分かりやすく解説し、さらに、ガートナーが「SASE分野のトップ企業」と評価するZscaler社の実績などを紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]