編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

仮想環境の構築にも最適―G7世代のHPサーバーが到達した、さらなる運用コスト削減の境地

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ISS) 2010-10-18

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の主力サーバー「HP ProLiantサーバー」の最新世代「G7」は、徹底した運用コストの削減を特徴とした製品だ。サーバーの運用費用は、一般的に導入時以上の費用がかかる重要なポイントとなる。大別すれば、管理コストと電力コストだ。

 G7ではまず、サーバー管理の人件費や移動費を根本的にカットすることを目指した。
その答えが、リモート管理機能の大幅強化だ。サーバ管理のため独立した250MHzのRISCプロセッサを搭載。リモートからの再ブートやスムーズなOSインストールまでを可能にした。

 電力コストの低下については、サーバー用途として初の32nmプロセスで製造されたXeon5600番台の効果が大きい。G6までに培われたHP独自の電力や冷却コストの低下機能をベースに、先述の管理用プロセッサの効果がここでも生きてくる。結果として、設置台数やスペースも大幅に削減される。

この効果を以下の資料と合わせ、ぜひ御社の場合で検討していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]