ホワイトペーパー

IT投資のROIを大幅に高めるHP ProLiant サーバーを一括チェック

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ISS) 2010年10月18日

 「HP ProLiantサーバー」は、ユーザーの運用コスト削減に徹底してこだわり、タワー型、ラック型、ブレード型の各ラインで展開する製品群だ。

 リモートマネジメントプロセッサー「iLO 3」は、サーバー設置現場での作業コストや管理コストの大幅削減を後押しする。前世代iLO 2のベネフィットである優れたリモート管理能力、消費電力と温度の監視、サーバーヘルス状態の把握能力などは継承しつつ、速度や操作性を大幅に向上させた。

 プロセッサの処理能力も大幅に向上。最新の32nmプロセスで製造されたXeonプロセッサー5600番台を搭載したモデルなら、2005年に主流だったシングルコアの2-wayサーバー15台分の処理性能を、たった1台で達成できる。台数ベースで15分の1の削減が可能ということだ。

 消費電力の削減にもノウハウの蓄積が力を発揮する。サーバー内部のいたるところに温度センサーを配置し、冷却ファンは必要な場所だけ効率的に駆動する。パワーサプライも発熱を大幅に抑え、電力効率の金賞にあたる 80 PLUS Goldを取得した。また動的に消費電力の上限をセットできるため、IT管理者は従来のような無駄な電力バッファーを考える必要がない。そのため、電力容量の範囲内でラックに従来より多くのサーバーを格納することも可能だ。

 運用コストの大幅圧縮を可能にするHP ProLiant サーバー G6 & G7最新モデルが勢揃いした本資料を、ぜひ以下からご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]