ホワイトペーパー

乱立したデータベースサーバーを統合し、管理工数、ハードウェア障害を削減する3つの条件

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ISS) 2012年01月23日

ITシステムの心臓部といえるDBサーバーを統合することは、万一の障害による業務全体への影響やシステム全体のパフォーマンス劣化が懸念されているのも確かです。そのため、統合DBサーバーとしては、以下の条件を満たすことで、統合化をはかることができます。

1)基幹業務に最適な高い信頼性があること
2)十分な拡張性があること
3)高可用性ソフトウェアとの相性がいいこと

上記条件の達成にフォーカスし、信頼性あるインテル Xeonプロセッサー E7 ファミリーを搭載したHP ProLiant DL580 G7と業界トップクラスの事業継続を実現する高可用性ソフトウェアLifeKeeper for Linux を活用した企業向けデータベースサーバー統合ソリューションについて検証します。

インテル&HPは、日本仮想化技術の協力を得て、仮想化環境でのデータベース処理性能を、物理サーバー環境と比較したベンチマークテストを日本で初めて公開。注目の結果は?

数年前の最大9台のデータベースサーバーを一台に統合。
従来以上の信頼性とパフォーマンスを実現 管理工数、ハードウェア障害の大胆に削減!

⇒詳しい内容についてはダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]