ホワイトペーパー

サーバー仮想化に対する投資のさらなるメリットを実現

日本ヒューレット・パッカード株式会社(SWD) 2012年01月30日

サーバー仮想化を実施すれば、コスト削減、効率化、およびサービスレベルの向上が可能になり、データセンターのみならず関係するビジネス全体の変革が期待できます。 ただし、仮想サーバーの配備は目的を持って慎重に行わないと、事前に膨大な専用ディスク容量が必要になり、投資収益率 (ROI) が予測より悪化することがあります。

従来のストレージプラットフォームの問題点は、そうした仮想サーバー環境の変化やニーズに対応できなかったことにありました。HP 3PARユーティリティストレージは、高度に仮想化された環境に必要な復旧性、非常に高いレベルの俊敏性、および効率性を実現できるよう基礎から設計されています。
HP 3PARストレージシステムとソフトウェア製品に組み込まれている独自のストレージ仮想化と自律型管理機能によって、次のような目的が実現可能です。

・統合:物理サーバーの購入台数を約50%削減
・簡素化:ストレージ管理に要する時間を約90%短縮
・削減:ストレージのTCOを約50%削減

その具体的な方法について本資料でご紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]