編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

クラウドシフトの“その先”に来るエッジコンピューティングの波─日本IBMからの提案とは

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Cloud Paks) 2020-11-13

企業の間でクラウドへシフトの流れがますます加速している。その一方で、小売りや製造などさまざまな業種の現場において、日々無数のデータが生まれており、IoTの進展で今後さらに加速すると見られる。

しかしここで問題となるのが、そうした現場で生じるデータまでクラウドに蓄積してしまうと、インフラ環境に負荷がかかり、結果として顧客へのサービスの質が低下したり、管理の手間がかかったりといった事態につながってしまうことだ。

このような背景から“クラウドシフトのその先”の動きとして注目を集めているのが、現場(エッジ)で生まれるデータは現場で処理し、分析を通じてインテリジェントな情報に変換して、さらなるイノベーションを仕掛ける、というエッジコンピューティングである。

本資料では、日本IBMが有する、エッジコンピューティングを実現する優れた製品と経験に裏打ちされたノウハウをベースに、エッジコンピューティングがもたらす価値や課題、実践のためのアプローチなどについて解説している。まずはお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]