編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

どのようなサーバも一発イメージ化、あらゆる環境にも移します--その仕組みとは?

Acronis AG(アクロニス・ジャパン株式会社) 2015-06-22

物企業ITが複雑化する中、「サーバ移行したいのにできない」という、環境の壁が問題となることがあります。サーバの形は物理、仮想(クラウド)と多岐にわたる一方、これらを包括的に扱える、イメージ化/移行の簡単なツールは従来、あまり見当たりませんでした。

そこで本資料では、P2P(物理マシン⇒物理マシン)、P2V(物理マシン⇒仮想マシン)、V2P(仮想マシン⇒物理マシン)といった移行をシームレスに行える「Acronis AnyData Engin」による解決方法を紹介します。

こうした仕組みを備えることにより、本番ワークロードを任意のプラットフォームから任意のプラットフォームへシームレスに移行可能です。その結果、災害復旧やシステムレプリケーションが容易になります。

ITインフラが急速に発展するなか、特定のハードウェアプラットフォームやハイパーバイザに依存するのは得策ではありません。Windows Server 2003のサポート終了問題、システムリソースの最適化など、急ぎの対応を迫られる課題も多くあります。

ぜひ本資料で、その解決のヒントをご考察ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]