編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

MSP向けガイド、顧客に災害対策サービス(DRaaS)を提案し収益を拡大するポイント

アクロニス・ジャパン株式会社 2022-04-21

システム障害やサイバー攻撃、自然災害への備えとして、多くの企業が災害対策(DR)をクラウドサービスで新規に利用することを検討し始めている。しかし、その一方で、オンプレミスでバックアップを取っておけば十分と考えている企業も依然として多いのが現状だ。
一般に企業向けIT製品の販売では、新規顧客へアプローチするよりも、既存顧客にアップセルやクロスセルを行なうほうが容易だといわれる。これは見方を変えると、サービスプロバイダーが既存顧客に対してDRサービスのアップセルやクロスセルができなければ収益拡大のチャンスを失うという意味でもある。
本資料では、マネージドサービスプロバイダー(MSP)がどのようにDRをクラウドサービス(DRaaS)として提案し、収益を拡大していくかについて、投資すべき理由や追加投資のアドバイス方法、ダウンタイムコストの把握方法などを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]