ホワイトペーパー

日立が考えるOracleサーバを高速化する方法--SSD利用に最適なシステム構成

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2013年09月02日

Oracleユーザーや管理者の悩みの多くは、ユーザー数やデータ量の増加に伴い、オンライン処理のレスポンスが遅くなることと、バッチ処理の時間が長くかかることです。

本ホワイトペーパーでは、日立製作所の調査をふまえつつ、オンライン処理やバッチ処理の特性を理解して、高速で信頼性が高いシステムを作り上げる方法を解説します。日立製作所のSSDを採用し、その性能を十分に発揮するためのシステム構成もご紹介します。

【ホワイトペーパーの概要】
1.オンライントランザクションの傾向
2.オンライン処理の特徴
3.ハードディスクの仕組み
4.バッチ処理の特徴
5.オンライントランザクションに合ったシステム構成  など

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]