編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

【実態調査】働き方改革が業務に支障を来しているケースも!適切な手法で実践がポイントに

株式会社ビズリーチ 2019-11-22

労働人口の減少を背景に、多くの企業では「働き方改革」をキーワードに掲げるなど強い関心を示している。既にそのプロジェクトに着手している企業も多いが、働き方改革で重要となってくるのが、そのプロセスや施策の中でどのような方法を用いるかだ。

そこで企業とビジネスパーソンとのマッチングサービス等を展開するビズリーチでは、企業に属するビジネスパーソンに対して、現在勤務する職場の「働き方改革」の取り組みについて調査を行った。その結果、多くの企業が働き方改革の目的として「生産性」と「従業員体験」の向上を掲げるとともに「労働時間」に関する取り組みを優先している一方で、働き方改革により業務に支障をきたしているケースも見られるなど、様々な実態が明らかとなった。

本資料では、多岐にわたる調査結果の詳細についてわかりやすく解説している。真の意味で働き方改革を実現したいのであれば、必読の書と言えるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]