ホワイトペーパー

仮想化によるサーバ統合で期待すること

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2011年04月14日

・サーバ統合は、何から始めるのか?

・仮想環境になったらサーバ稼働率は向上するのか?

・そもそもの仮想環境の運用は本当に大変なのか?

仮想化によるサーバ統合で期待することは何か?
ある調査では、「コスト削減」「ハードウェア稼働率の向上」「運用管理工数の削減」が理由として挙がっている。

ハードウェア稼働率の向上は、「現状を踏まえたサーバ統合計画」がポイントとなる。
また、運用管理工数の削減は、「日々の運用の自動化」により実現する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]