ホワイトペーパー

ビッグデータ処理によるITへの瞬発力のつけ方

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2011年06月15日

世界で生み出されるデータ量は、今や爆発的な増加の一途をたどっています。そのため今後のITシステムには、大量のデータを瞬時に分析し、価値ある情報を提供する瞬発力=反射神経系の処理を持つことが重要なポイントとして求められてきます。

本資料では、日立製作所のストリームデータ処理基盤の詳細についてご覧いただけます。

・ストリームデータ処理が実現する分析シナリオや処理基盤の製品構成
・アプリケーションフレームワークの概要
・豊富な適用事例
・データセンター、ウェブシステム、ウェブ処理業務の稼動監視
・リアルタイムSQLの稼動分析
・交通状況のモニタリングでの活用例
 など

※アンケートのメールニュース配信をご希望頂いた方の中から抽選で10名様に、日立オリジナルグッズを差し上げます!

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)