ホワイトペーパー

現状で考え得るストレージの「すべての課題」を解決--仮想化の最終局面をリード

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2015年08月31日

今後の企業経営において、データの収集・分析の重要性は飛躍的に高まり、そのためのプラットフォームが競争のカギを握ることは、ほぼ間違いない。特にストレージは、今までの「単なるデータの置き場」では全く不十分となり、攻めの事業戦略を可能にする重要な役割を担ってくる。

少し考えただけで、多くのキーワードが浮かぶはずだ。ビッグデータ活用、ストレージの仮想化集約、クラウド化、そして事業継続(バックアップ)…。

だが従来は、すべての課題を同時に解決するには、極めて高コストなハイエンドストレージを導入するほかなかった。そこで本資料では、ハイエンドストレージの機能を「そのまま」実現した、コスト面に優れた「日立のミッドレンジストレージ」を紹介する。

これは現状で考え得る「ストレージのすべての課題」に対し、有効な解決策を示すものだ。既存プラットフォームを融合する形で導入可能なうえ、シンプルな管理で目的を達成できるようになっている。仮想化、DR用途として、大企業だけでなく企業規模を問わず適合するはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)