ホワイトペーパー

maxCache™2.0でレイテンシを削減し、アプリケーションパフォーマンスを最大13倍に増加

ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社 2012年02月16日

今日のデータセンタやクラウドコンピューティング環境では、ウェブサーバやファイルサーバ、データベース、オンライントランザクション処理(OLTP)、Microsoft Exchange Server、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)といった大規模なアプリケーションをサポートするためにI/Oパフォーマンスを増加させ、レイテンシを削減することが求められています。

このホワイトペーパでは、これら重要なデータセンタアプリケーションに対し、アダプテックmaxCache 2.0
SSDキャッシングソリューションを使用した時のパフォーマンスメリットと、その改善されたパフォーマンスによって得られるコスト削減について焦点を当てています。

<資料内容>
■ はじめに
■ アダプテックmaxCache SSDキャッシングソリューションについて
■ アダプテックmaxCache 2.0 vs. 標準的なSSDやPCIeベースのフラッシュカード
■ テスト方法
■ リードキャッシングパフォーマンス − IOPSとレイテンシ
■ ライトキャッシングパフォーマンス
■ ライトキャッシングパフォーマンス − IOPSとMB/秒
■ ライトキャッシングパフォーマンス − レイテンシ
■ 結論

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]