ホワイトペーパー

仮想環境におけるセキュリティとバックアップに関する注意事項

シマンテック ドット クラウド 2012年04月27日

仮想化を導入する企業は増え続け、中小・中堅企業においてもコスト削減や生産性の向上などを目的に仮想化を導入する企業が増えている。仮想化は、サーバーの利用率向上、フロアスペースの解放、電力の節約など、企業にとってさまざまなメリットをもたらす。しかし、データの破損を防ぎアクセスを適切にコントロールするためには、慎重な計画と管理が必要である。
本ホワイトペーパーでは、仮想化された環境を最大限活用するために考察しておく必要のあるセキュリティとバックアップについて、盲点となりやすい注意事項を解説する。

【解説のポイント】
・既存のセキュリティツールやバックアップツールは、仮想環境でも使用できるか。
・バックアップツールによって、ストレージ所要量にどのような影響があるのか。
・現在使用しているソフトウェアは、仮想環境に緊密に統合できるか。
・仮想環境の手に負えないほどの成長を防止するポリシーはあるか。など

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]