ホワイトペーパー

HP CloudSystemMatrixに見る、クラウドを支えるインフラ基盤の実力

日本ヒューレット・パッカード株式会社(クラウド) 2011年07月28日

本資料は、ヒューレット・パッカード(以下HP)が手がける、クラウドを支えるインフラ基盤であるHP CloudSystemMatrixの解説です。

 クラウドに求められるインフラの要件とは何でしょうか。HPが指摘する項目と して、
・SLAに応じたリソースのプール化
・複数テナントを集約できるだけのI/O
・柔軟な拡張性を持ち、構成の変更が可能
・オープンな接続性
といった要素があげられます。

 本資料では、HP CloudSystemMatrixの特長である、システム運用管理の効率化、システム構成の柔軟性、仮想化による自在なリソース配分、強固で効率性の高い電源・温度管理などが、いかにして前述の要件を満たすインフラ基盤を提供するのか解説。

 また具体的な構成要素として、(1)業界ナンバーワンのブレードサーバーであるHP BladeSystem、(2)洗練された仮想I/O機構であるHP Virtual Connect、(3)クラウドインフラの統合管理を実現するHP CloudSystem Matrix 管理ソフトウェアの各項目についても詳細に説明しています。

 このほか、ストレージプールを実現するHP仮想化ストレージの解説や、クラウ ドネットワークプールに必要な仮想ネットワークスイッチの詳細などもご覧いただけます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)