ホワイトペーパー

多発するネットワークトラブルが業務の妨げに!今こそ再認識したいトラフィック可視化のメリット

ゾーホージャパン株式会社 2018年09月21日

ネットワーク通信を利用した業務が増加し、帯域の輻輳によるネットワークトラブルの発生がビジネスに大きな影響を与えるようになってきた。トラブルの原因となる通信を迅速に特定するには、どの様な通信を・いつ誰が・どれだけ行ったかという「トラフィックの可視化」を行う手段を保持している必要がある。

SNMPだけでは十分な可視化ができなかったり、すべてのパケットをキャプチャすると、今度は情報量が多すぎて可視化の負担が多くなる。

そんななか利用が広がっているのがNetFlow/sFlowといったフローデータを使ったトラフィックの可視化だ。本資料は、NetFlow/sFlowを利用することで、企業を悩ますネットワークトラブルをどう解決できるかを示した製品資料だ。マルチベンダー対応のソフトウェアにより、トラフィックの一元監視や可視化、
ドリルダウン、アラート設定などを行うメリットがコンパクトにまとめられている。

現在のビジネスにおいてネットワークは大動脈のようなもの。何か異変を感じているなら、本資料でNetFlow/sFlowのメリットを改めて把握しておくことをおすすめしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]