ホワイトペーパー

災害復旧の仮想化とは--よくある「中断」にも柔軟に対処できますか?

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2013年01月18日

本資料は、日本IBMが提供する、”クラウドコンピューティングを使用した災害復旧の仮想化”に関する解説です。

従来型の災害復旧へのアプローチをまとめたうえで、クラウドを使用することで、災害だけでなくより一般的なサービス中断(停電、ハードウェア障害、セキュリティ違反など)にも備えた計画が策定可能となります。

■資料の抜粋
・従来型の災害復旧は、コストか速度かという二者択一
・災害でなく中断の観点から考える
・クラウドベースのビジネス回復力
・ポータルアクセスでコントロールの向上を促進
・サービスレベルの階層化で、アプリケーション復旧時間の最適化をサポート

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)