ホワイトペーパー

組織を安全な状態に保つ「4つ」のこと-事例・被害金額からみるセキュリティーリスクと対応

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2013年06月21日

昨今、サイバー攻撃は精巧になり攻撃者の技術も年々高度になってきています。
同時に企業のITリソースはファイアウォールの外にうつされ、アプリケーションやデータを複数のデバイスに分散しています。
今、情報セキュリティーは組織の周囲を保護するだけでは十分ではありません。
では、一体どのような対策を講じればいいのか?
本資料では、多様化・高度化するセキュリティー攻撃にたいして企業がどのような対策を講じるのがよいか、その方法を実際の事故事例・被害額を検証し4つのステップにて説明しています。

-目次-
●はじめに
●ステップ1:ビジネス目標に優先順位を付けリスク許容度の設定
●ステップ2:事前対処型のセキュリティー計画による組織の保護
●ステップ3:高度な攻撃という不可避の事態に備える
●ステップ4:セキュリティー意識の高い文化を促進および支援する
●被害者になる前に、今すぐ始めましょう
●詳細情報

詳細は資料をダウンロードの上ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]