ホワイトペーパー

三井住友信託銀行が金融機関に求められるセキュアな「Microsoft 365」運用を実現できた理由

AvePoint Japan株式会社 2023-11-10

1925年の設立以来、専業信託銀行グループとして高度な専門性と多彩な商品・サービスを提供している三井住友信託銀行。同行では2019年から「Microsoft 365」を導入しており、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、ニューノーマルな働き方の実現のために、Microsoft 365で使える「Microsoft Teams」のチャット機能に着目した。

同行では金融機関に求められる厳格な情報管理を実現したいと考えていたが、Teamsの導入に際して幾つかの課題に直面した。具体的には「部署異動と連動したアクセス権管理の実現」「部署異動時に使用している社内の既存ツールでは、Microsoft Teamsに対応できない」「Teamsに関する知見がなく管理機能の自社開発が困難」という問題だった。

そこで三井住友信託銀行は、Teams活用に必要不可欠としてMicrosoft 365の運用管理ソリューションの導入を決断。新たな開発工数の発生を回避して運用管理の工数を削減するとともに、セキュアなアクセス権の制御を実現した。以下の資料では、同行の取り組みの詳細が記載されている。金融機関に求められるセキュアなTeams運用を検討している担当者にお勧めの内容だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]