ホワイトペーパー

ストレージI/Oの悩み消滅!?わずかな変更でSSD比40倍速--不揮発性メモリサーバは速かった

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2018年07月03日

今後、AIやIoTを存分に活用するための基盤には、より高速なデータストアが必須となっていくだろう。本資料は、次世代データ記憶として期待の「NVDIMM=不揮発性メモリ」でDBサーバはどれだけ速くなるのか?という興味深い実証実験の結果だ。

取り組んだのは、OSSの技術検証やソリューション開発で知られるNTT ソフトウェアイノベーションセンタ。使用サーバは、いち早くNVDIMMに対応した「HPE ProLiant DL360」、ベンチマークとしたのはPostgreSQLの更新処理だ。

その結果は、SSD比「最大40倍」の高速化を叩き出すものとなった。HDD比では、最大170倍ほどにも達した。

今回の実験は、従来システムのわずかな改修でNVDIMM対応が実現しており、意味深いものとなっている。文中で強調しているが、NVDIMMパフォーマンスを最大化するシステムライブラリ(PMDK)が重要な突破口となった。

今後期待される、ストレージI/Oのボトルネックから完全に解放される「メインメモリコンピューティング」への道筋も示される格好となった。ぜひご参考にして頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]