ホワイトペーパー

マンツーマン英会話のGABAが新たな成長のために選択したアプリケーションと仮想化基盤とは

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2019年01月31日

マンツーマンに特化した英会話スクール「Gabaマンツーマン英会話」を運営するGABA(ガバ)。同社は自主学習を含むオンラインでの幅広いサービス開発に力を入れており、2017年に「Gaba Next Engine(GNE) 2.0」と呼ばれるプロジェクトを完了させた。

GNE 2.0は、IT基盤のアーキテクチャー変更を伴うコアアプリケーションの改修、データベースス キーマの再設計、ITインフラの最新化までを網羅する一大プロジェクトだ。同社は、環境を常に改善し、スピード感をもってより良い学習の場を提供し続けるために、自社開発・自社運用を基本とした。そして、ビジネス要求に柔軟かつスピーディーに対応するために採用したのが、高い信頼性とパフォーマンスを実現できる仮想化基盤だ。

GABAはどのような意図をもってプロジェクトに取り組み、どんな成果を得たのか。本資料にはその経緯が紹介されている。デジタル変革に欠かせないITインフラの有り方のヒントを探ってほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]