ホワイトペーパー

Webセキュリティもクラウドが主流に! クラウドWAFサービス選定時におさえるべき、5つのポイント

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン 2018年10月29日

Webアプリケーションの脆弱性を狙う攻撃をいかに防御するかは、多くの企業にとって重要な問題だ。攻撃は日々進化しており、セキュリティパッチの適用などの脆弱性対策を行っていても、想定外の攻撃を受ける危険性は増している。自衛の手段だけで脆弱性を狙うすべての攻撃を防ぎ続けるのは難しいのが現実だ。

そこで有効とされるのがWAF(Webアプリケーションファイアウォール)による対策だ。Webアプリケーションへのアクセスを監視することでさまざまな攻撃をブロックし、攻撃者からWebサーバを守る。いまやWAFはWebセキュリティの基本と言っても過言ではない。

また近年はクラウドWAFサービスも多く登場しより使いやすくなっている。とはいえ、何をどう選択すればいいのか悩むシーンも多い。そこで本レポートではクラウドWAFサービスを比較・選定する際に踏まえておくべき点を5つのポイントで整理した。WAFの選択はビジネスリスクを大きく左右する、5つのポイントを参考にして自社に合ったサービスを選んでいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]